不要な木を伐採するなら【伐採の費用と業者の選び方を伝授!】

木の伐採費用はどこで決まる?~費用について知ってみよう~

剪定と伐採の違い

剪定

樹木の枝や葉を切って形を整えます。また、風の通りが良くなるようにすることで、害虫が繁殖するのを防いだり、樹木も成長を促す目的もあります。

伐採

根元から樹木を切り倒すことを伐採と言います。元々は、丸太を生産するための行為を指していましたが、不要な樹木を切り倒す意味でも使われています。

伐採を依頼する時の流れ

問い合わせ~見積もり

業者に見積もり依頼の連絡をしましょう。業者によっては、24時間受け付けているところもあります。連絡が取れたら、実際に現地で調査をお願いし見積もりを出してもらいましょう。

検討

提示された見積もりと予算を比べて検討しましょう。もし気になることがあれば、そのままにせずきちんと確認するといいですね。見積もりを出したからと言って、必ず契約する必要はないので十分考えましょう。

作業

作業日を相談して日時を決定します。早朝や祝日などでも対応してくれることがあるので、相談してみるといいでしょう。プロのスタッフが作業を行うので安心して任せられますね。

支払い

作業完了の報告をスタッフから受けます。その後、料金の支払いを行います。もし作業後に気になる点や質問があれば、問い合わせたほうがいいですね。

不要な木を伐採するなら【伐採の費用と業者の選び方を伝授!】

木

伐採にかかる費用

木の伐採費用は、木の大きさによって異なります。3m未満の小さな木なら2000円~、5m以上の大きな木なら20000円~が相場です。業者によっては7m以上の大きな木は依頼できないこともあるので、事前にホームページなどで見ておくといいでしょう。

伐採以外にも依頼できる

伐採業者では、剪定や草刈り、庭石の設置など庭の管理をトータルでお願いすることもできます。体の調子が悪く自分で手入れするのが難しかったり、樹木に関してのアドバイスが欲しい時などにも相談に乗ってくれるので、気軽に依頼するといいでしょう。

悪徳業者には要注意

伐採業者の中には、作業が雑だったり高額な費用がかかったりと悪徳業者と呼ばれる人たちもいます。そんな業者に引っかからないためにも、問い合わせや現地調査の時に見極める必要があります。1本からでも引き受けてくれたり、見積もりが曖昧じゃない、有資格者がいるなどの業者ならいい業者と言えるでしょう。